歯ぐきが腫れたり血が出たりしたことはありませんか?

歯周病は、歯周ポケットにたまった歯垢や歯石に棲む歯周病菌が引き起こす歯周組織の病気です。治療せずにそのまま放置していると、炎症範囲が広がり、顎の骨が溶け出し、やがては歯を支えられなくなり抜けて落ちてしまいます。進行した歯周病は治療も難しくなりますから、初期の段階で治療をはじめる必要があります。歯周病のサインがないかご自分でもチェックしてみてください。

歯周病チェックリスト

  • 朝起きたとき、お口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯みがき時や食事のときに歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきに違和感があったり、痛かったりする
  • 歯ぐきが本来のピンク色ではなく赤く腫れている
  • 固いものを噛むとき力が入らなかったり、歯がグラついたりする気がする
  • 歯が長くなったり、歯に隙間ができたり歯並びが変わったりした気がする

上記チェックリストに一つでもあてはまるものがある場合、歯周病の疑いがあります。できるだけすぐに検診にご来院ください。なお、あてはまる項目がなければ治療の必要はないかもしれませんが、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けておけば、歯周病のリスクを抑えられ安心です。予防のためにも定期検診を受けられることをお勧めします。

歯周病は全身にも悪影響を与えます

歯周病は、歯ぐきの炎症からはじまり、進行すると顎の骨まで溶かしてしまう病気。初期の段階では自覚症状に乏しく、悪化するまで気付きにくいのも特徴です。

また、歯周病はお口の中だけに留まらず、全身の疾患にも関係していることが分かっています。歯周病菌が全身の血管に流れ込み、心筋梗塞や脳梗塞の一因となることがあるのです。さらに、糖尿病の方や妊婦の方は特に歯周病の予防を行う必要があります。歯周病が糖尿病を悪化させたり、早産を引き起こしたりすることがあるといわれているためです。

口臭と歯周病の関係

口臭の原因は、細菌によるお口の中のたんぱく質の分解です。朝起きたときや空腹時、ストレスを感じているときなど、口臭が強くなるといわれています。お口の中で歯周病菌やむし歯菌をはじめとする細菌が増殖していると、それだけ口臭のリスクが増えるため、口腔内環境を清潔に保つことが口臭予防につながります。

当院での歯周病の検査法・治療法

歯周病検査

歯周ポケット検査

歯周病が進行するにつれて、歯周ポケットは徐々に深くなっていきます。この検査では、深さによって歯周病の進行度合いをはかります。検査には「プローブ」という器具を用います。

歯の揺度検査

歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶け出し、歯がグラグラしてきます。この検査は、ピンセット状の器具で歯をつまんでどの程度グラついているかを調べるものです。歯周病が進行していればしているほど、歯の揺れが大きくなります。

レントゲン検査

レントゲン撮影を行い、顎の骨の状態を確認します。骨密度が低い部分は、歯周病がかなり進行していることになります。

歯周病治療
※治療費は内容(本数・状況)により値段が異なります。

歯みがき指導

歯みがき指導

初期の歯周病であれば、丁寧な歯みがきを行えば症状が改善されます。それぞれの口腔内環境に適した正しい歯みがき方法を指導し、お家でも正しくケアできるようにサポートします。
※歯みがき指導は約330円です。

スケーリング

スケーリング

歯周ポケットがそれほど深くない、比較的軽度な歯周病に対して行います。歯や歯周ポケットに付着している歯垢や歯石が原因となっていますので、「スケーラー」という器具を使って一掃します。
※スケーリングは約800円~1,000円です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

深くなった歯周ポケットの奥に入り込んだ歯垢や歯石を「キュレット」という器具を使ってきれいにします。また、スケーリング後は歯面がザラついているため、ツルツルにして汚れの再付着を防ぎます。
※ルートプレーニングは5,500円(28本の場合)です。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

局所麻酔後、歯周ポケットの奥深くにたまった歯垢や歯石を取り除き、歯周病菌に感染した歯ぐきの一部を削り取る外科的処置です。術後にしっかりケアしていけば、除去した歯ぐきは再生し、もとの状態まで回復します。
※歯周外科治療は約3,000円~です。

フラップ手術

フラップ手術

歯周組織の感染範囲がかなり広がった歯周病に対して行う外科的処置です。局所麻酔後に歯ぐきを切開し、顎の骨からはがして歯根を露出。歯周ポケットの奥、歯根に付着した歯垢や歯石を除去し、感染した組織を削り取ります。
※歯周外科治療は約3,000円~です。

【衛生士よりメッセージ】

歯周病予防には、毎日の歯みがきが大切です。しかしながら、きちんと磨けていなければ意味がありません。

当院の定期検診では、歯周病の原因となる歯石をきれいに取り除く処置のほか、歯みがき指導も丁寧に行っています。歯ブラシの使い方をはじめ、フロスや歯間ブラシ・洗口剤といった補助器具の使い方も合わせてアドバイスします。患者様一人ひとりに合わせた歯みがき方法をお教えしますので、しっかり身に付け、歯周病の予防に役立ててください。

歯周病は進行すると歯が抜け落ちてしまう疾患。もし歯が抜けてしまったら、すぐに治療しないと、様々な悪影響が……。できるだけ早く治療しましょう。詳しくはコチラ。

  • ページの先頭へ戻る